ダイハツ東京 社長日記


自主的な勉強会

こんにちは。玉井です。

 

12月もあと12日となり、いよいよ押し詰まって参りました。

12月はクリスマスや年末年始の準備もあり、また会合や忘年会

も多く何かと気ぜわしく感じられます。

 

それと「有終の美」という言葉の通り1年の締めくくりと

いうことで仕事にも拍車がかかってきます。

「終わり良ければ全て良し」ではありませんが、良い年となる

よう最後まで頑張りたいと思います。

 

121902 お店のクリスマスツリーもあと少しですね

 

 

 

 

さて、先日の土曜日(16日) 嬉しいことがありました

 

いつもの通り、週末は朝から展示会で店舗や販売店様を回ってました。

荻窪店からスタートして東伏見店、武蔵野店と都内の西方面へ移動

して、閉店間際の時間には羽村市の小作店へたどり着きました。

 

店の事務所では、ブロック長の今吉と店長の中村が会議の準備をしています。

聞くとこれからDIOS(営業支援システム)の勉強会をするということです。

毎月一度、小作店と大和田店が中心となり、DIOSの勉強会をやっているのは

知ってましたが、いつもの大和田店でなく、この日小作店でやることは知りません

でした。19時から始めるとのことなので、参加することにしました。

(かえって迷惑だったかもしれませんが・・・)

 

仕事が終わってから、小作店に来るので、遅れて駆けつけてくるスタッフも

いましたが最終的には多摩地区のほとんどの店舗から15名の参加がありました。

メンバーも店長、工場長、営業スタッフ、U‐CARスタッフと多士済々でした。

会議は小作店のDIOS、N‐6ボード、TVモニターを使ったやり方を参考に

活発な議論をしていました。

 

小作勉強会01 沢山のスタッフが意見を出し合ってます

 

小作勉強会02 中村店長が画面を使って説明してます

 

 


 

このような勉強会を会社が仕掛けたわけではなく、自主的に行い、会社内で

広がっていることに対して本当に嬉しく思いました。

遠くは町田金森店や東伏見店からの参加者もあり、ここまで1時間近くかかります。

 

何より丸一日働いた後に勉強のために駆けつける姿は、本当に頭が下がります。

頑張っているスタッフを見ているとダイハツ東京の将来が明るいと感じます。

 

 

小作勉強会03 小作店のやり方を皆で検証

 

小作勉強会05 営業スタッフの顧客数推移

 

小作勉強会04 N‐6ボードについても勉強してます

 

 

DIOS、N‐6ボードを使った営業や情報管理の仕組みは、今後の営業

活動にとってなくてはならないものになります。新しい取組みに対して

様々な立場から意見を出しあい、すぐに現場で実行する、この積み重ねで

高効率な営業の仕組みを開発していくことが出来ます。

 

 

仕事は与えられるものではなく、自ら考えて働くものです。

 

 

このような自主活動がもっと活発に、もっと広がっていけば会社の業績も向上し

働きがいも出てくると思います。ダイハツ東京がもっと良い会社となるよう

会社としてもバックアップしていきます。

 

 

最近の記事

月別アーカイブ

PAGE TOP