01営業 練馬北町店 営業

理想の会社と出会うポイントは、
就職活動の中で自然と感じる
“違い”を見過ごさないこと。

  • お客様とのやりとりを楽しみながら
    日々の営業活動に励んでいます

    新車・中古車の販売、アフターケア、自動車保険の募集、車検や点検の誘致、店内の飾りつけ、ご来店受付など、“ダイハツの顔”として営業活動に励んでいる私の入社動機は自動車業界への好奇心でした。いまや日常生活に欠かせない自動車が、どのような流れで作られお客様の手に渡っていくのか、その実情と背景を知りたいと考え、カーメーカー・ディーラーを中心に就職活動を進めていました。
    その中から当社を選んだのは、軽自動車分野のリーディングカンパニーだったからです。たしかな基盤を持ちつつ、着実にシェアを伸ばしているのはなぜなのか、組織としての健全性、ユーザーから支持されるポイントはどこにあるのかをこの目で確かめたいと、入社を決めました。

    お客様とのやりとりを楽しみながら日々の営業活動に励んでいます

  • できることを増やし、できないことを減らす
    そんなシンプルな考えが成長を支えてくれる

    営業である以上、売上や数字といった要素の達成を図るのは当然です。ただ、掲げた目標を店舗全体、会社全体で追う意識が強く、自分一人に責任や義務が生じることはありません。目標達成時の充実感を支えに、自分をステップアップさせてくれる環境です。
    そんな社員一人ひとりのモチベーションを高く保つ取り組みの一つに表彰制度があります。これは売上・台数・点検予約・車検や保険など、各項目の1年間の成果をポイント計算し、営業全員の中から優秀者を表彰するもの。トップ営業の背中ははるか彼方ですが、“できること”を一つ一つ増やし、“できないこと”を減らす意識を持って日々の業務に向き合っていきます。そして結果的に、ダイハツ東京販売という会社の価値向上につながればうれしいですね。

    できることを増やし、できないことを減らすそんなシンプルな考えが成長を支えてくれる

  • 先輩から受け継いだ“支え合い”の姿勢を胸に
    人材育成に携わっていくことが私なりの恩返し

    私は就職活動で、いろいろな会社の説明会に参加してそれぞれの「違い」を感じることが大切だと思いました。その違いの中に自分に合うポイントがあるはずです。時間がかかり、不安になることもあると思いますが、自分を信じて就職活動を続けてみてください。
    学生から社会人になるにあたってさまざまな不安があると思います。私自身、環境の変化にとまどった部分が少なからずありました。ともすればモチベーションを下げてしまってもおかしくない、そんな状態の私を支えてくれたのは先輩社員の皆さんでした。ときに厳しく、ときに優しく教育・指導してもらったおかげでいまの自分がいます。
    今度は私が恩を返す番です。まだまだ未熟ではありますが、自分自身の成長を図ると同時に人を伸ばす意識を持って仕事に取り組み、将来マネジメント職についたときの土台にしたいと考えています。

    先輩から受け継いだ“支え合い”の姿勢を胸に人材育成に携わっていくことが私なりの恩返し

  • 09:00

    朝礼
    全体朝礼の後、営業ミーティング。1日の予定と他の社員の予定を把握する。

  • 10:00

    訪問準備~お客様宅訪問
    お客様によって用意する資料が異なるため、準備は慎重に。

  • 昼休憩

  • 13:30

    訪問活動
    新車販売、点検案内、クルマの調子伺いなど。

  • 17:00

    商談
    店舗にてお客様と商談。

  • 18:00

    電話アプローチ
    点検や保険の誘致。車検のリマインド。1日のまとめと翌日の計画立案。

  • 19:00

    退社