02営業 武蔵野店 営業

わからないことは正直に伝える。
そんな真摯な姿勢がお客様の評価と
高パフォーマンスにつながる。

  • 内容の濃い研修・教育プログラムが
    着実なステップアップを導いてくれる

    学生時代からクルマが好きだったこともあり、自動車業界への憧れを持って入社しました。とはいえただ興味があるというレベルだったので、メカニカルな部分は詳しくなく、働き始めてから実務的な知識を覚えていきました。お客様との商談の際、先輩メカニックに同席してもらったり、作業ピットに一日中いて入庫する車のエンジンルームを一緒にチェックしたり、少しずつではありますが経験値を増やしてきたと思っています。
    職種に応じた研修はもちろん、新しい商品やサービスの詳細を全員で共有できるような機会を設けてくれるのはうれしいですね。わからないことは親身になって教えてくれますし、社内の雰囲気は和気あいあいとしていて、特に新入社員に対しては親身になって指導してくれます。それは私が入社したころも変わりませんので、会社に根付いた社風といっていいと思います。

    内容の濃い研修・教育プログラムが着実なステップアップを導いてくれる

  • お客様からいただく数々の言葉が
    いつでも新しい気付きを運んでくれる

    大好きなダイハツ車に囲まれて、毎日楽しく仕事をしています。ただ、いま落ち着いて仕事に取り組めるのも、数々のミスに成長させてもらってのこと。以前、お車をご購入いただいたお客様に納期をしっかり伝えていなかったことで、大変なご迷惑をかけてしまったことがありました。
    発売直後ということもあって納期状況がはっきりしないにも関わらず、私の勝手な想像で納期をお伝えしてしまい、結果として車は届かずお客様はお怒りに……。当然ですよね。完全に私に非があったので反省しきりでしたが、店舗スタッフの協力のおかげで最終的にはご納得いただき、納車することができました。
    わからないことは曖昧にしてその場をしのぐのではなく、正直にそのときの状況を伝え、できるだけお客様の希望に応えられるよう努めること──そのときに得た教訓が、いまの私を支えています。

    お客様からいただく数々の言葉がいつでも新しい気付きを運んでくれる

  • 就職活動で結果を出すポイントは
    具体的に自分の将来像を思い描くこと

    私がいつも心がけているのは「笑顔でいること」。そして初めて直面することやクリアするのが難しそうに思えるハードルに対しても、一見して「できない」と決めつけることなく、まずはやってみるといった柔軟な考え方ができるようになりました。
    思えば学生時代は狭い視野の中でもがいていた気がします。社会に出ることで世界が広がり、自分で選ぶことができる「道」が一気に増えますね。その分、責任や自らを律することが求められるわけですが、その方がいいパフォーマンスを発揮できますので、日々ほどよい緊張感を持って仕事に取り組んでいます。
    目の前のタスクを完遂することでどのような結果が生まれ、それによって自分はいかに成長・進化するかを具体的にイメージすることができれば、物事を吸収するスピードも早まるでしょうし効率もよくなると思います。就職活動も同じです。常に勉強、常に具体的な目標を持って、将来の自分像を思い描きながら頑張ってください!

    就職活動で結果を出すポイントは具体的に自分の将来像を思い描くこと

  • 09:00

    朝礼・ラジオ体操
    管理ボードにて1日の予定を確認後、営業ミーティング。

  • 09:30

    車両引き取り
    整備入庫をする車をお客様宅から引取。

  • 10:00

    新車商談
    来店されたお客様にご挨拶。査定、見積り提案など。

  • 昼休憩

  • 13:30

    商談
    車検案内、代替促進、調子伺いなど。

  • 14:00

    お客様訪問
    見積り届け、保険継続、点検・車検誘致、車検証届けなど。多いときで6~7軒を訪問。

  • 16:15

    車庫証明申請
    最寄りの警察署で申請処理を行う。

  • 17:30

    車検・点検誘致(電話)

  • 18:45

    翌日準備
    日報・管理表を記入。明日の予定を確認。

  • 19:00

    退社