03店長 亀戸店 店長

小さなことにくよくよせず
積極的で、前向きな
人間と働きたい。

  • 厳しい世界だからこそ挑む価値がある
    正解だった自分の選択

    私がダイハツ東京販売に入社したのは20 年前のこと。就職活動をしていた時、周囲はよく自動車と不動産業界は厳しいからやめたほうがよいと言っていました。でも私は逆に「厳しいからこそ、やってみる価値がある」と思い、子供の頃から好きだった自動車業界に挑戦することを決めました。
    自分の選択は正しかったと自信を持って言えます。営業職に就いた当初は話すことが苦手で、弱腰になったこともありました。それでも「やるしかない」という気持ちで踏ん張り、チラシなどに載った新車の耳より情報などをお客様に伝えることを試しました。この方法が成功して、お客様との会話に自信がつき、自分の壁を突破することができました。飛び込み営業で販売・取引させて頂いたお客様の車を16 台全て管理させて頂いたこともあり、先輩に「新人なのにスゴイ」と褒められました。仲間もできて居心地がますます良くなり、この会社でずっと働きたいと思うようになりました。

    厳しい世界だからこそ挑む価値がある正解だった自分の選択

  • 魅力的な空間を演出する店づくり
    ナンバーワンのスタイルを追求したい

    亀戸店に来てから2 年が経ちます。部下に商談の助言を与えることから、新車・中古車の売上台数や販売目標などの管理まで業務は多岐に渡りますが、特に力を入れているのはお店づくりです。お客様とスタッフが商談を進めやすいようにサイドテーブルを設置してみたり、亀戸店限定の企画をアピールするためにディスプレーを工夫するなど、いろいろな方法で魅力的な空間を演出するように努力し ています。
    ダイハツ東京販売は、全店舗が参加するコンテストを多数行っています。その一つに、車のセールスポイントをお客様にいかに伝えるかというテーマのもと展示・装飾を競う企画があり、当店はウェイク、ムーヴ、キャストで優勝して3 連覇を達成しました。
    ディスプレーや飾りなど、私たちの取り組みは他店にも紹介されています。社内には他店の良い所を積極的に取り入れる風土があります。他店が真似するナンバーワンのスタイルを発信し続けたいと思っています。

    魅力的な空間を演出する店づくりナンバーワンのスタイルを追求したい

  • 若手の考えを尊重し、成長へ導くリーダーシップ
    真面目過ぎない人が欲しい

    若いスタッフに積極的にチャンスを与えるのが当社の特徴です。私が若手スタッフと話す時は相手の意見に耳を傾けるように心がけています。自分の考えと違っても感情的にならず、相手の考えを聴く。二人の意見の中間を取れるように議論をすることが理想です。ただ注意するのではなく、若手スタッフの成長を考えて指導します。
    営業では真面目過ぎないことがポイントです。お客様の中には堅苦しい話が嫌いな人もいますし、私たちが仕事を楽しんでいる姿はお客様の目にも輝いて見えると思います。身だしなみやコミュニケーション能力と同じくらい、遊び心を忘れないことも大切なのです。今でこそ私も一つ一つの仕事を丁寧に行っていますが、新入社員の頃は大雑把でした。だからこそ、ここまで続いてきたのかもしれません。

    若手の考えを尊重し、成長へ導くリーダーシップ真面目過ぎない人が欲しい

  • 09:00

    清掃、朝礼などを終えて、営業ミーティングへ。

  • 11:00

    前日までの実績と進歩状況の確認。接客へ(保険や点検のご紹介)。

  • 12:00

    昼休憩。

  • 17:00

    接客。電話対応やDM、POP 作りなどを行う。

  • 18:30

    ショールームのクローズ。入金確認や事務処理をする。

  • 19:00

    清掃後に退社。