04整備士 めじろ台店 整備士

ワクワク、ドキドキする毎日。
いつか自分も
頼りになるメカニックへ。

  • 憧れの自動車業界で猛勉強の日々
    車の型式名を覚えて仕事の幅が広がる

    この業界に入ろうと思ったきっかけは高校時代のことです。当時、アルバイトをしていたガソリンスタンドに親切な先輩がいました。一つ一つの仕事が手際よく、働く姿もカッコいい。そんな先輩を近くで見て「自分もあんなふうになりたい」と思うようになりました。自動車学校への進学を決め、車を一から学び、これからは軽自動車の時代になりそうだと考え、それならば業界一位のダイハツしかないと思い当社を選びました。
    現場で最初に驚いたのは車を型式名で呼ぶことでした。型式をほとんど知らなかったので、働きながら必死で暗記しました。今では型式がだいぶ分かるようになり、仕事の幅も広がっています。主に新車の無料点検や定期点検を行う一方、車検整備の業務も少しずつ増えています。課題はたくさんありますが、一人前のメカニックを目指して頑張っています。

    憧れの自動車業界で猛勉強の日々車の型式名を覚えて仕事の幅が広がる

  • 分からないことがあれば、すぐに答えてくれる先輩
    チームのためにベストを尽くせる環境がある

    職場には年齢の近い先輩がたくさんいます。厳しい面もありますが、丁寧に指導して頂いています。ある日ETC 車載器の取り付けをしていた時、バッテリー電源のことが分からず先輩に聞いてみると、パッと答えが返ってきたことがありました。その速さと的確さに驚き、勉強不足を痛感しました。お客様から指名される先輩もいて憧れの存在です。先輩たちから技や動きを盗んで、一日も早く追いつきたいと思っています。
    そして、お店にもっと貢献できるようになりたいです。当社では、一人ではなくチームで働いているという意識が共有されています。目標が決まればサービススタッフだけでなく営業も巻き込んで、お店全体で目標達成を目指す。一人ひとりが知恵を振り絞り、チームのためにベストを尽くせる環境だと思います。

    分からないことがあれば、すぐに答えてくれる先輩チームのためにベストを尽くせる環境がある

  • 成長するためには基礎が大事
    学校での勉強がお客様の笑顔につながる

    現場では、元気に挨拶したり、積極的な姿勢で取り組むことが大切です。なぜなら、一人ひとりのこのような行動がチームワークを高め、活気に満ちた職場を生み出すからです。私は言葉で表現することが苦手なので、皆より早く来てゴミ捨てや掃除をしたり、代車の洗車をするなど、行動で示すようにしています。
    この業界で活躍するためには、学生のうちにしっかりと基礎を身に付けておくことが肝心です。プロの整備士になってからも様々な試験がありますので、学校での勉強は必ず役に立ちます。できるだけ早いうちに自分の土台を築いて、その上に知識やテクニックを積み重ねる。新しい技術が出てくれば、繰り返し練習して体に覚えさせる。そうやって成長していき、丁寧かつスピーディーな仕事ができるようになれば、お客様にも喜んで頂けると確信しています。

    成長するためには基礎が大事学校での勉強がお客様の笑顔につながる

  • 09:00

    始業。6カ月点検(エンジンルーム内メインの点検)や洗車、接客を行う。

  • 10:00

    12 カ月点検(ブレーキ分解、エンジンルーム内の点検)、お勧め項目作業を行う。

  • 12:00

    昼休憩。

  • 13:00

    車検整備(分解・点検、見積り作成、お客様への説明、部品注文)。

  • 15:00

    中古車の納車前の整備。用品やカーナビ、ETC 車載器を取り付ける。

  • 17:30

    片付けや掃除、翌日の準備をして終礼後に退社。