08コンピューター担当 本社 コンピューター担当

店舗スタッフ一人ひとりと、
本社メンバー、経営層まで、
全社員をつなげるIT戦略の実現を目指す。

  • 異分野から入社したことで
    先入観なく仕事を創り出していけた

    就職活動中、主にアプローチしていたのは情報システム企業でしたが、いろいろな会社を見れば見るほど、開発業務とは一線を画するエンジニアの仕事も気になってきました。そんなことを考え始めたときに参加した会社説明会で当社と出会い、店舗に設置されているPCや本社とのネットワーク、それに付随するマニュアル作成などを担当する業務があると聞いて興味を持ちました。
    実際はリモートデスクトップという技術で遠隔操作をするので、マシン上のほとんどのトラブルは端末から修復することが可能ですが、店舗を新設する場合や移転などでハード・ソフトの両面からサポートが必要な場合は、私も現場に赴きます。無事に稼働したときに店舗スタッフに喜んでもらえるのが一番のやりがいですね。

    異分野から入社したことで先入観なく仕事を創り出していけた

  • 早急に対応するのはもちろん
    トラブルの芽は事前に摘む

    常に意識しているのは店舗スタッフの“向こう側”にいるお客様の存在です。営業にしてもサービスにしても、私に連絡が来るということは営業中または商談中になんらかのトラブルが起きたということ。つまり、その電話はお客様をその場にお待たせしてかけてきたものかもしれないわけです。
    お客様を必要以上にお待たせするわけにはいきません。早急にトラブルから復旧できるように、そして再度トラブルが発生した場合でも迅速な対応ができるように、事前に対策を練ることが大切です。そのために店舗ごとにマニュアルを作成し、誰が見てもすぐに対応できるような仕組みづくりを進めています。

    早急に対応するのはもちろんトラブルの芽は事前に摘む

  • 社員のITリテラシーを伸ばし
    店舗間のつながりをさらに強化する

    今後はITを活用した全社的な取り組みなど、クリエイティブな分野の企画立案も担当したいですね。ITは日進月歩の世界ですので、新しい情報と技術を身に付け、時流に流されないよう挑戦を続けていきます。成功事例にしてもトラブルシューティングにしても、店舗間の情報共有を図ることで未然に防げることはまだまだ多いです。そこで私たちが考えるIT戦略をソリューションとして活用し、組織を大きく前進させるきっかけになればと考えています。
     ただ、ITをはじめとしたテクノロジーはあくまでツールです。それをいかに使うかは人次第。そういった意味でも教育環境を整え、各店舗スタッフ・本社メンバーのITリテラシーの育成を図っていきたいですね。それが現在の目標です。

    社員のITリテラシーを伸ばし店舗間のつながりをさらに強化する

  • 09:00

    業務
    グループウェアで予定を確認。システムのエラー確認。

  • 10:00

    ウェブサイト打ち合わせ
    修正箇所を確認し、外部の制作会社に指示。軽微な修正であれば自分で対応。

  • 12:00

    昼休憩

  • システムメンテナンス

  • 14:00

    店舗サポート
    各店舗を巡回。1日かけて3、4店舗まわることも。

  • 17:00

    グループミーティング
    特に力を入れているのはトラブル事例や担当案件の共有。

  • 17:30

    退社