ダイハツ東京 社長日記


4月1日に入社式を行いました

こんにちは。玉井です。

 

満開の桜も散り始め、強い風が吹くと桜吹雪となり舞い上がっています。

毎年のことですが・・・少し名残惜しい気持ちになります。

しかし、同時に木々の芽が吹き出して新緑が目に鮮やかになってきました。

 

季節が確実に移っていきます。

 

150406001

 

さて、その満開の桜の中、4月1日に入社式を行いました。今年は例年より若干少なく、

総合職8名、技術職16名、計24名の入社となりました。新進気鋭でフレッシュな彼らが

ダイハツ東京へ入ってくることで会社が更に活気づく事を期待してます。

少し緊張気味で真剣なまなざしで話を聞いている姿を見ると「さあこれから頑張るぞ」という

意気込みがこちらにも伝わってきます。

 

ぜひ早く戦力となって一緒にダイハツ東京を盛り上げてほしいと思います。

 

150406003

150406004

 

入社式ではいつもの通り「お祝いと仕事への取り組み方について」を話しました。

実は…毎年の新入社員に合わせて、少しアレンジをするだけで同じ内容の話をしています(笑)

 


 

話した内容は・・・

 

1.考える習慣を持つこと

 

常に問題意識を持って仕事をすると気づきが多くなる。

「考えて働くこと=考働力」

こういう習慣を長く続けると大きな差になってくる

 

 

2.プロフェッショナルになること

 

一流の仕事が出来るように努力すること。

「考え方×行動×知識」

たとえばこれからのサービススタッフは「高い技術力」に加えて

「高い応対力」が必要。そのための資格取得などは会社が支援。

 

3.お客様を大事にすること

 

我々はお客様商売。お客様を大切にする事が一番重要。

「お客様と自分の関係は鏡に例えられる」

誠実に対応をすれば、お客様も誠実に返してくれる。

いい加減な対応をすると、お客様もいい加減に返す。

良い会社には良いお客様が付つく。自分達の姿勢が重要。

 

150406002

 


 

これからの人生や会社生活は山あり、谷ありかもしれません。

しかし、しっかり前を向いて努力をしていれば何とかなるものです。

 

新入社員は4月の1ヶ月間、研修を受けてもらい、5月から各職場に

配属の予定です。皆さん頑張って下さい。

最近の記事

月別アーカイブ

PAGE TOP