ダイハツ東京 社長日記


ダイハツ東京が準優勝を獲得しました

 

こんにちは。玉井です。


それにしても10月は秋晴れが続きますね。空気もカラッとして

気持ちの良い毎日です。景気の方もカラッと秋晴れになってくれれば

もっとよいのですが、なかなかそうもいかないようです。

 

 

さて、嬉しい報告があります。先日開催された「第34回ダイハツサービス

技術コンクール関東地区大会」でダイハツ東京が準優勝を獲得しました。

 

 

 優勝    群馬ダイハツ自動車殿

 準優勝  ダイハツ東京販売

 3位    茨城ダイハツ販売殿

 

 

最終結果を見ると優勝との差はわずかだっただけに残念でしたが

関東のダイハツ販売会社が切磋琢磨して優勝を目指している中での

準優勝という結果はとても価値のある事だと思います。

 

技術01 選手と役員と運営スタッフです

 

 

特に今年は月島本社が建替え中でサービス研修室が使えないため、

高島平にあるPDIセンターで研修や練習をしなければなりませんでした。

しかも、東京の地元開催というプレッシャーの中での準優勝は本当に

頑張った結果だと思います。

 

技術03 A選手の西山スタッフ

 

技術04 B選手の小倉スタッフ

 

技術02 関東7社中の2位です

 

西山選手、小倉選手、そしてトレーナーの山本さん、田中さんご苦労様でした。

来年は全国大会開催の年です。更に研鑽して、全国大会そして全国制覇を

目指して精進して下さい。

 

技術05 状況の速報を見つめる応援の方々

 

技術06 作業を近くで見てました

 


 

さて、当社は8月に開催した「標準作業大会」をはじめ、全社を

上げてサービススタッフの技術力、応対力の強化をしております。

これは自動車業界において、クルマの保有期間が長くなっており

 

「アフターサービスが経営で大きな差になっていく」からです。

 

その環境の中、当社は社員が入社直後から独自の研修プログラムを設定し

計画的に技術力や応対力を向上させ、国家資格やダイハツ技術資格を取得

できるようにしています。昨年のダイハツ検定1級は16名が合格し、全国

で一番の合格数になり、その取り組みも全国に紹介されました。

 

これからもダイハツ東京では「教育は全ての業務に優先する」ことを基本に

技術力・応対力、そして豊かな人間性をもった優秀なサービススタッフ育成

に努めていきたいと考えてます。

 

最近の記事

月別アーカイブ

PAGE TOP